UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国の調査知識・漢字を使わない韓国

近年では韓国漢字を使わない

韓国も、以前は金(キム)、朴(パク)のように公的な場所でも漢字を使うことが一般的でした。しかし、近年は役所関係の書類などでは漢字を全く使わなくなりました。例えば朴槿恵(パククネ)前大統領など、日本のニュースで報道される際は漢字表記ですが、韓国人本人がこのような漢字の読みができません。
そのため、調査を行う場合は氏名、正しい生年月日(西暦)、出生地、身分証明書など事前に知っておくことが調査ためには重要です。漢字の名称だけでは調査の手掛かりにならない可能性があるということです。

近年では韓国漢字を使わない

韓国人、男女の名前

まず韓国人の名字ですが、金(キム)、李(イ)、朴(パク)の3つはとても多いです。
日本でも、「佐藤」「高橋」「田中」などは多いですが、この比ではありません。クラスの半分以上がこの3つの名字のどれかです。
加えて、男女の名前ですが、女子は「ジヨン」「ソヨン」「ミヨン」、男子は「キョンス」「チョンス」「ヨンス」などが例を言えば多い名前です。
キム・ジヨン(女子)、イ・キョンス(男子)などは、クラスに、2~3名、同姓同名者がいることもあります。
「キラキラネーム」などで、日本人の名前が多様化している一方で、韓国人はここまで同姓同名者が多いのです。

韓国人、男女の名前

調査の際の名前と注意点

例で「旦那と浮気している人物の名前が『キム・ジヨン』というソウルの女性である。
この女性の身元を調べて欲しい」といった調査依頼があるとします。
一見詳細に情報提供されているようですが、100万人以上の人口が暮らすソウルで
『キム・ジヨン』という女性はあまりにも多く、これだけの手掛かりだと調査は大変時間が掛かります。
対象者の国民ID番号、電話番号、出生地、生年月日、勤務先、交友関係など、一般的な名前の人物ほどより詳細な情報が必要であることがあります。

調査の際の名前と注意点
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan