UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国人の名字について

五大姓とは?

約280種ある姓の中でも「五大姓」と言われる「金(キム)氏、李(イ)氏、朴(パク)氏、崔(チェ)氏、鄭(チョン)氏」の割合が特に高く、全人口の過半数を占めます。道端で「金さん~」なんて呼ぶと、半分以上の人が振り返る、なんて言われるほど。 だから韓国では人を呼ぶときにフルネームで呼ぶ場合が多いのです。
韓国の調査では特に国民番号を調査する場合、キム・イ・パクの苗字から韓国氏名では多くの該当者がヒットする場合があるため出生地の情報もお聞きしています。
調査では出来るだけの情報が多いことが大事になります。

五大姓とは?

基本的に、苗字では呼び合わない韓国人

基本的に、韓国では人の名前を呼ぶ場合、フルネーム、または下の名前で呼びます。「キム・テヨン」なら「テヨン」、「イ・スーチー」なら「スーチー」で呼びます。これは、上述したように苗字が少ない為。
日本では10万以上の苗字がありますが、韓国は250種類ほどしか苗字が無い為に、区別がつけられなくなり、誰を名指ししているのかわからなくなってしまう為、上の苗字で呼ぶことは失礼に値することもあります。

基本的に、苗字では呼び合わない韓国人

「씨(シ)」の使い方には注意

韓国で人を呼ぶ時、これだけは注意しておきたいものが、「씨(シ)」の使い方です。よく、씨は日本でいう「さん」の使い方をされると言いますが、使い方ひとつ間違えると、無礼な言い方になります。
「キム・リー」さんの場合「キムリーシ」と呼ぶのはビジネスなどでも使われるフォーマルな言い方。「リーシ」だともっとフレンドリーな捉え方になります。ただ、「キムシ」のように苗字に씨をつけるものは差別的な響きとなり、タブーとされています。
日本の「氏」にもあるよう、「高橋氏」「佐藤氏」など苗字の後ろに氏をつけるのは私達にとっても一般的な事ですが、韓国での「씨(シ)」の使い方は気をつけておきたいところです。

「씨(シ)」の使い方には注意
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan