UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国弁護士と日本の総合探偵社の共同作業|民事訴訟・裁判

韓国・民事訴訟 裁判

日本の裁判にはない、民事訴訟と刑事訴訟を同時進行するというやり方を、韓国の裁判では取り入れています。そのほか、陪審員制度の進め方の違いなど、裁判についての細かいルールが日本と韓国ではまるで異なります。トラストジャパンは韓国の弁護士と提携し、業務を行うことが出来ます。韓国でのトラブルが増加している昨今、訴訟を起こした際に現地の法律に柔軟に対応し、依頼者様、原告側をサポートして参ります。

韓国・民事訴訟 裁判

韓国での民事裁判

  • ・韓国人の夫が不倫をし、精神的苦痛を与えられたため、慰謝料を請求し、親権を取りたい。
  • ・韓国で詐欺行為を働いた個人事業主に賠償金を請求したい。
  • ・韓国で何か月も売掛金の未払いが続いている取引先から取り立てを行いたい。

このような場合、韓国では民事訴訟・裁判の対象になります。浮気問題、詐欺問題は頻繁に寄せられるトラブルでもあります。真相解明後に訴訟、裁判を望まれる依頼者様も多く、現地の弁護士と提携し、スムーズにことを進めていきます。

韓国での民事裁判

偽証と弁護士

法廷で偽りの証言をする「偽証」は、韓国の裁判で目立つ行為です。しかし、この偽証が真実とされ、原告側が裁判に負けてしまい、逆に賠償金を支払うことになってしまったという例も少なくありません。多額の金銭被害や男女トラブルによる精神的苦痛を被ったのにも関わらず、逆に賠償金を請求されてしまってはたまったものではありません。そういった事態を極力回避できるよう、トラストジャパンは韓国でも指折りの優秀な弁護士と提携しております。

偽証と弁護士
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan