UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国の豆知識・韓国の家族事情

韓国 家族事情 ※男性のマザーコンプレックス

韓国も日本も、家族に対する価値観はそれぞれ違います。 決定的に違うのが、こどもの母親に対する気持ちです。特に男性の場合、母親を溺愛しているケースが多くあります。 恋人とデートの約束を取り付けても、もし、その日に母親の体調が悪くなると、他の家族が家にいたとしても母親のためにデートを断ります。 悪い言い方をすればマザーコンプレックスと言えます。現地の韓国人の方でさえ、このような韓国人男性のマザーコンプレックスぶりには困惑しています。

韓国 家族事情 ※男性のマザーコンプレックス

韓国家族の事情 ※父系家庭

そういった面がありながら、家庭では父親が絶対的な権力者です。 家族で何かのお祝いや行事をするときも完全に父親が中心。そういった父系の考え方も強いと言われています。日本とは随分と価値観が違うように思います。特に日本は最近、核家族化の進行で家族離れが目立っていますので。結婚の際にも、こういった家族感は大きく反映されるようです。自分の母親の面倒を見てくれない、もしくは自分の母親とうまくいかない女性とは結婚しないという男性も多くいます。 この様な家族事情は、韓国人にとって大きなアイデンティティになっているようです。

韓国家族の事情 ※父系家庭

韓国の家族の事情 ※受験や兵役

韓国では日本より社会的な身分を重んじる文化があります。受験や兵役を見ても、その傾向は明らかです。韓国の受験をテレビのニュースで見たことがある人も多いと思いますが、試験に遅れそうになった場合、パトカーで試験会場まで送迎するほど事件に対する意識が高くなっています。もちろん家庭内においても、受験や勉強に関する指導は厳しくされています。このような受験問題で家族関係も悪くなる韓国の家庭も多くあります。日本とは違う、独特の家族観が韓国にはあります。

韓国の家族の事情 ※受験や兵役

韓国の家族事情 ※結婚について

上述したように、韓国では両親に対するリスペクトの概念が日本とは少し異なります。
日本では、「憩いの場」「団らん」という見解のある家族も、韓国では家族はひとつの組織のようなもので、子供は絶対に親に逆らうことが出来ないと言われています。
これは結婚相手を選ぶ時にも影響され、自分の判断よりも親の判断が影響されてしまうこともあります。特に田舎の地域ではまだ古い風習が残っている為、反日感情が根付いている地域もあり、子供が「日本人と結婚する」などといえば、大反対する親も居ます。
ただ、やはり最終的には親の言い分が絶対なので、”かけおち”や無理やり意志を貫いたりするようなことはせず、結局は別れてしまいます。こういった親への価値観の違いで悩み、当社にご相談される方も、近年では増えています。

韓国の家族事情 ※結婚について
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan