UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国の豆知識・経済について

韓国 経済

ここ数年順調に成長を遂げていた印象の韓国経済ですが、昨年より財閥系の不振が目立ち、経済は崩壊している、破たんするといわれています。
世界中に名を広めたサムスン電子は大幅な減益が発表され、海運最大手のハンジンが経営破たん、日本でもおなじみのロッテは会長らが韓国の検察に在宅起訴と、大企業の経営状態が立て続けに明るみです。
そもそも韓国経済がここまで大きく成長した背景には1997年のアジア通貨危機がきっかけです。2015年のGDPは140兆円となり、財閥の大きな躍進が経済上昇を支えてきたといわれていました。しかし、一転して翌年2016年に入るといきなり経済破たんとなった根底には財閥系企業の絶大すぎる影響力と、慢性的な資金不足が原因です。

韓国 経済

一般市民の経済状態について

一般家庭の6割近くが金融機関から借金を抱えていると言われており、そのうちの6割は返済が困難な状況と言われています。
正規雇用は減り、非正規雇用が増えている事や、大卒の過半数が無職で多くの大卒者がコンビニで働くために列を作る現状です。平均月給はおよそ日本円にして14万円程ですが、その一方、株式上場トップ100社で働く人の平均年収は640万。月給にして50万円以上と貧富の差は開くばかりです。
財閥系企業に働く人が日本人よりはるかに豊かな暮らしをする一方で、大卒でも時給300円未満のワーキングプアが国民の1/3というのが現在の韓国経済状況です。

一般市民の経済状態について
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan