UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国の豆知識・韓国人との食事と接待

韓国人との食事と接待

韓国人と食事や接待をする場合、日本とは異なる点があります。 結論から言うと、

  • ・韓国人は「割り勘」という概念がない
  • ・目上の人が食事代を負担することがほとんど
  • ・一緒に食事に行く、ということは心を許している証拠

といったような点です。 日本では、食事に複数人で言った場合、多くが割り勘で料金の支払いをします。 目上の人が後輩の食事代をおごるといったことは見られますが、韓国ほどの頻度ではありません。 協調を重んじる日本人は、多少気が合わない人がいても食事に行くことはありますが、韓国人の場合、自分と気が合わない人と食事に行くなんて考えられないことです。 気を許した特別な間柄の人と食事に行くといった文化が浸透しています。

韓国人との食事と接待

日本にいる韓国人との食事

日本で生活している韓国人も、このようなルーツを持っていますから複数人で食事に行く時割り勘という概念に疑問を持つ人も多くいます。 韓国では例えば、一次会はAさんが払って、二次会はBさんが支払う。
次回の食事の際には、一次会はCさんが支払、二次会はDさんが支払うといった支払いの循環があります。 例えば職場に韓国人の後輩が複数に居た場合、説明した通り目上の人が当然支払いをするといった感覚を持っていますので、しっかりと心構えをしておかないと大きな負担になることもあります。
基本的に食事に誘われたら、後輩であっても遠慮することなく飲み食いする人が多いです。

日本にいる韓国人との食事

韓国人のビジネス接待

日本同様、韓国でもビジネス接待は存在します。 このビジネス接待に関しては、日本と同じ要素があります。 接待をした側が、支払いを負担するケースがほとんどです。 いくら接待をする側が年下で、接待をされる側が年上でもそのかたちは変わりません。 韓国人をビジネス接待する場合は、韓国人はお酒が強い人が多いのでお金が余計にかかってしまうことがあります。

韓国人のビジネス接待

知っておきたい、韓国でのテーブル・マナー

どこの国でもテーブル・マナーはありますが、食文化が似ている韓国でも日本とは少し違った、テーブルマナーがあります。どの料理をオーダーしても基本的にご飯とキムチなどは前菜でついてきて、それらを「スッカラ」と呼ばれるスプーンと、「チョッカラ」と呼ばれる箸を使って食べます。
しかし汁物やご飯は箸ではなくスプーンタイプのスッカラを使い、チョッカラはおかずの取り分けに使います。また、韓国ではドンブリや茶碗を持って食べることは無礼とされています。
石焼ビビンバの器が熱くなっているのもその為かも知れません。テーブルの上にご飯や汁物は置いたまま、スッカラですくって食べるのが基本です。若い世代こそこういったテーブル・マナーに対しては無頓着になってきているようですが、田舎の地域は、たとえ相手が外国人であろうと、こういったマナーには着目します。

知っておきたい、韓国でのテーブル・マナー
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan