UPDATE: 1970-01-01 09:00:00

JPY
JPY
KRW
KRW

9.62342

UPDATE: 1970-01-01 09:00:00

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10391

韓国の法律知識・韓国人の離婚事情について

韓国の離婚事情

韓国でも日本同様、多くの夫婦が離婚をしています。離婚をする夫婦の割合は、日本よりも韓国の方が多いです。韓国での離婚事情について、考えてみたいと思います。韓国人は男性も女性も気が強いことで有名です。そのため、結婚した後も自分の価値観を互いに押し付け合ったり、大きなケンカがしょっちゅう起こったりして、離婚になる夫婦も多いようです。 特に、韓国ではクレジットカードの規制が緩くなってから、カード破産をする人が多くなっています。そういった人の多くが離婚を経験されています。 しかし、最近、韓国の離婚件数が減少傾向にあるのです。

韓国の離婚事情

韓国の離婚と離婚熟慮制度

韓国での離婚が少なくなってきた理由として、離婚熟慮制度が挙げられます。この離婚熟慮制度、日本にはない、離婚に関する制度です。 韓国では前述したとおり、お互いに気が強く、ヒートアップしたまま駆け込み離婚をしてしまう夫婦もたくさんいます。その夫婦に、お互いに頭を冷やす猶予を与えようと言って創設されたのが、この離婚熟慮制度。この制度により、離婚件数が減ってきているのは事実です。

韓国の離婚と離婚熟慮制度

離婚問題と韓国

韓国でも、円満に離婚ができる夫婦と、そうでない夫婦があります。円満に離婚できない夫婦になると、日本よりも高い確率で離婚裁判が行われます。この離婚裁判になってしまうと、泥沼になります。 韓国では民事裁判において、偽証が当然のように横行しています。陪審員制度も導入されているため、心象をよくするためにたくさんの偽証を行います。 一度敵意を持つと、徹底的に相手に攻撃するのが韓国人の特徴です。特に韓国人女性にこの傾向が強く見られます。 日本と韓国、隣同士の国とはいえ、離婚観も様々です。

離婚問題と韓国

韓国人と離婚をしたい場合

国際結婚は既に珍しいことでもなくなり、韓国現地で出会った人と結婚し、韓国現地に住み着くといった例も多くなっています。しかし、離婚の例も少なくありません。日本人が外国人の配偶者と離婚をする場合、基本的には夫婦の居住地の法律に基づいた手続きが行われます。
つまり夫が韓国人で日本人の妻が韓国で同居している場合、手続きは韓国のそれに基づいたもの、同様のケースで日本に住んでいるのであれば、日本の法律が適用されます。また、子供の親権についても基本的には子供の本国の法律に基づいて行われます。ただ、韓国が関連する離婚問題は非常にケースバイケースで、宗教や風習からスムーズに手続きがなされないこともあります。トラストジャパンでは韓国人との離婚をお考えの方へのご相談に対応しております。

韓国人と離婚をしたい場合
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan