UPDATE: 2017-10-24 02:09:30

JPY
JPY
KRW
KRW

9.95241

UPDATE: 2017-10-24 03:37:46

KRW
KRW
JPY
JPY

0.10045

韓国の法律知識・裁判について

韓国での裁判について

韓国での裁判は日本とは少し異なることがあります。 韓国でも日本同様、刑事裁判と、民事裁判があります。刑事裁判の場合には刑事事件に関わる事案ですので、特に問題はないのですが、問題は民事裁判です。
民事裁判の場合、韓国では多くの偽証がされています。 偽証とは、偽った証拠を法廷で証言することを言います。韓国ではこの偽証がかなり一般的に行われているのです。
もし、韓国人を相手取り、韓国で裁判を行う場合、ほとんどが民事裁判になるかとは思いますが、この偽証により、裁判に負けてしまう人がたくさんいます。 韓国でも裁判所にランクがあります。
民事裁判にしろ、刑事裁判にしろ、一般的な裁判は地方法院単独判事→地方法院合議部(控訴部)→最高法院の順で行われます。2008年からは刑事訴訟に関する案件に、陪審員制度が導入されました。
韓国人との国際結婚をしている人などで、離婚調停などになった場合、こういった韓国独特の裁判の内容を理解しておく必要があります。 慰謝料を取ろうと思って韓国で起こした裁判で、逆に多くの慰謝料を取り上げられてしまったというケースもあります。

韓国での裁判について

韓国の「陪審員制度」

国民より選ばれた一般人が裁判の審理に関与する制度のことを「陪審制」と言います。もちろん最終的な判決は弁護士に委ねられますが、陪審員の評決も量刑、または賠償額の決定を大きく左右します。我が国でも昭和3年から昭和18年までこの制度が適用されていました。
(2009年より日本で開始された裁判員制度とはまた別のものです)韓国では、裁判を陪審制にするかどうかを選択する権利が被告人にあり、国民参与制度を選択した後に撤回することも可能です。
また、裁判所側も、被告人側の選択があった場合も、事件の難易度などを考慮し、通常の裁判で行うことも可能です。近年の例では、先日起こった「セウォル号」沈没の事件で、どのような裁判制度が適用されるのか注目されています。

韓国の「陪審員制度」

日本と異なる面も多い、韓国の裁判制度

国民参与裁判制度という裁判の制度が韓国にはあり、これは日本の裁判院制度に近いものです。しかし、裁判自体が裁判員のみの陪審制となっている為、法的な拘束力がない事など、様々な問題点が近年浮き彫りにされています。
また1審判決が不服な場合の不服申し立ての手続きの期間が日本よりも短く、スピードを重視している傾向があるようにみられます。せっかちで、熱しやすい国民性がこういった面にも現れているのかも知れません。
韓国専門で総合調査を行っているトラストジャパンは、韓国の裁判事情にも詳しく精通しており、ご相談に対応させて頂いております。また、現地の優秀な業士をご紹介することも可能です。

日本と異なる面も多い、韓国の裁判制度
line

LINE・Kakao ID:tanteisoudan